クマの手も借りたい
馬とテニスとリラックマが好きな IT 系のエンジニアです。
エンジニア

BitBucketやGitHubで「空白」「タブ」「改行」の差分を無視する

コードレビューをしていると、稀にエディタの設定の違いで空白行(空白行とスペース4文字などの行)や行末のホワイトスペースなどの差分が表示され面倒なことがあります。

本来ならチーム内で最低限のコーディング規約は統一しておいて、プルリクの時点でそのような差分が出ないことが望ましいです。

ただ、そうも言ってられない場合もあるので、今回は空白行などを無視した差分の確認方法です。

差分確認用のURLにパラメータ指定

通常、BitBucket 上でブラウザでソース差分を確認する場合、以下のような URL になります。

https://bitbucket.org/[チーム名]/[リポジトリ名]/pull-requests/1000/[ブランチ名]/diff

この URL のパラメータに「w=1」を指定することで空白の差分が無視され、すっきりとした状態でコードの確認ができます。

https://bitbucket.org/[チーム名]/[リポジトリ名]/pull-requests/1000/[ブランチ名]/diff?w=1

Web API The Good Parts

オライリーの「Web API」に特化した本です。最近の多くの Web サービスは API が活用されていますが、その技術はこれまでの Web サイトとそれほど大きく変わりません。

今後、マイクロサービス化が進む中で知っておいて損はない内容が詰め込まれており、現場のエンジニアやこれから Web 系のエンジニアを目指す人にもオススメの一冊です。

created by Rinker
¥2,376
(2018/09/21 11:58:20時点 Amazon調べ-詳細)

あなたにオススメ