クマの手も借りたい
馬とテニスとリラックマが好きな IT 系のエンジニアです。
テニス

テニス初心者に最適なガットの選び方

一時期の錦織圭ブームが過ぎ去り、私がレッスンを受けている初心者向けのクラスへの入会者が全然いなかったのですが、最近になって新しい人がちょこちょこと入ってきました。

私もそうでしたが、テニスを始めたばかりの人でラケットやガットなどの道具にこだわっている人は少数です。

自分が使っているラケットのメーカーすら知らないっていう人もいますし、最初はテニスをすることだけで一杯一杯かもしれませんね。

しかし、ガットは週 1 回のテニスの人でも 3~6 ヶ月くらいで張り替えるのが目安なので、近いうちにガットについて考える場面がやってきます。

そこで、初心者の人がガットについて最低限知っておいた方がいいことを自分なりに考えてみました。

ガットの種類

一般のテニスプレイヤーが使うガットの素材は、主に「ナイロン」と「ポリエステル」の 2 種類です。

テニスショップやテニススクールでも、売り場の 8 割以上はこれらのガットが占めていると思います。

実際に、自分のラケットに張ってあるガットがどちらの素材かわかりますか?

ショップ店員さんやコーチにお任せした場合、大体はナイロンガットを勧められて買っていると思います。

私は最初から自分で購入しましたが、色や値段しか見ていなかったのでどちらを張ったのかうろ覚えです(笑)

ただ、ナイロンガットの方は色の種類が多く、透明感があったりキラキラした煌びやかなガットもあります。

逆にポリガットは、色の種類がある程度限定されていて色味も原色に近いものが多いです。

色で選んだ人はきっとナイロンガットじゃないかなと思います(笑)

それぞれ、どういったタイプの人に合っているかとか、こだわり始めるとキリがないですが、まずはこの 2 種類があるということを覚えておけばいいと思います。

ガットの張替えの目安

冒頭でも書きましたが、週 1 回のテニスの人だと 3 ヶ月から 6 ヶ月くらいがガットの張替えの目安と言われています。

見た目ではあまりわからないと思いますが、ガットは張り替えた時点から消耗が始まっているので、テニスを休んでいたからといって長持ちするわけではありません。

常にラケットの内側で、ピンッと張った状態を維持し続けているわけですからね。

そこで、時間が経つにつれて徐々に緩みが生じてくるわけなのですが、初心者の場合はそこを感じ取れる人は少ないと思います。

実際に私もガットの消耗を肌で感じたことはありません(笑)

3 ヶ月で張り替えるのが目安というのは、コーチの営業トークだとずっと思い込んでいたくらいですから・・・。

では、どのタイミングで張り替えるのがベストかということですが、消耗すると緩んでくるということは、ボールが飛びやすくなるということです。

よって、先週までと同じ感覚で打ってもアウトが増えてきたとか、最近よく飛ぶようになってきたなと感じたら、前回のガットの張替え日をチェックしてみるといいと思います。

ちなみに、ポリガットの場合はパフォーマンスの低下が激しいので、ナイロンガットより短命になると言われています。

そこまでこだわりがなければ、ガットや張替え代の割引キャンペーンにタイミングを合わせてもいいかもしれませんね。

これまでに使用したガット

ガットを購入したお店やスクールで履歴を確認してもらえば、過去にどんなガットを使ったか調べることはできますが、できることなら最近使っているガットくらいは自分で覚えておくといいかもしれません。

私は最近はずっとポリガットを使っていますが、最初の頃は白色や透明感のあるガットを使っていたのでナイロンだったと記憶しています。

記憶が曖昧なのは、ガットを意識し始めたのがテニスを始めて 1 年くらい経過してからだからですね(笑)

要は初心者のうちは、そのくらいガットに対して意識することはないということです。

でも、ちゃんとポリガットに変えてからは頭の片隅に置いていますよ。

  • 4Gソフト(ルキシロン)
  • 4G(ルキシロン)
  • アルパワー(ルキシロン)
  • ポリツアープロ(ヨネックス)
  • プロレッドコードワックス(テクニファイバー)
  • リベンジ(バボラ)

このくらいでしょうか。

ストロークの不調をガットのせいにしてあれこれと試していた時期があるので、1,2 回しか使ったことのないガットもありますが・・・。

ここ最近は、「4Gソフト」と「ポリツアープロ」を使うことが多いのですが、ポリツアープロが定番商品から消えてるショップもあって先が不安です。

バボラのリベンジのように、トレンドに合わなくなってくると生産中止になるガットもあるので、自分に合うガットを見つけたらスペックも意識しておくと良さそうです。

ポリツアープロには「フラッシュイエロー」のカラーが用意されているのですが、これは照明が当たるとすごくキレイでかっこいいですよ。

不調な時はガットの種類よりもテンション

ガットを張り替える時に、ショップ店員さんから「テンションはいくつにしますか?」と必ず聞かれると思います。

テンションというのは「ガットを張る強さ」のことです。

わからない場合は、男性だったら50くらい、女性だったら48くらいで張ってみて、張り替えるタイミングで必要に応じて調整していくといいと思います。

大雑把な説明だと、テンションを上げるとボールが飛びにくくなり、下げるとボールが飛びやすくなります。

ただ、テンションが高い方が強い球が打ちやすくなりますので、ストロークが安定してきたら上げてみるのもいいかもしれませんね。

ラケットの縦と横でガットやテンションを変える人もいるくらいなので、上級者になってくるとこの少しの違いが感じられるのでしょうか。

錦織も、かなりガットのテンションにはこだわりが強いと聞いたことがあります。

私の場合は、テニスを始めた時は48にしました。

まだ始めたばかりだからという理由で、なぜか遠慮して目安の50から2下げてます(笑)

それから徐々に増やして最近は53で固定していたのですが、ストロークが安定しなかったので思い切って45にしてみました。

打球をつかむ感覚を取り戻して、もう一度出直そうという思いからです。

これまでは前後2くらいで調整してきましたが、思い切って大きく変えたみた方が違いも感じやすかったりします。

ガットに悩んでいる方はテンションを大きく変えてみてもいいかもしれませんね。

まとめ

ガットについて自分なりの思いを書いてみました。

以下のことを意識してテニスをしていくと、将来的にプラスにはなってもマイナスにはならないと思います。

  • 自分のラケットに張ってあるガットの種類
  • 自分のラケットに張ってあるガットのテンション
  • 自分に合った張り替え時期の目安

テニス仲間やコーチとの会話のネタにもなりますし、自分で使う道具に対して少しくらいこだわりを持った方が、もっと楽しくなるハズです。

ただ、テニスを始めたての頃は技術面での伸びしろも多いですし、ガットよりも練習を優先した方がいいのは間違いありません。

少しマンネリ化してきた時に、ガットについてじっくり考えてみてもいいかもしれませんね。

テニスの技術アップ

国内最大のテニス専門サイト「テニス365」が運営するショップだから品揃えが充実しています。



あなたにオススメ