馬とテニスのIT革命
馬とテニスとリラックマが好きな IT 系のエンジニアです。
馬券

ハイブリッド指数1位馬の競馬場別成績を調べてみた

前回、2016 年と 2017 年のハイブリッド指数の全体集計をしましたが、今回はハイブリッド指数 1 位の馬の競馬場別の集計結果になります。

ハイブリッド指数全体の結果を見ていない方は下記からどうぞ。

あわせて読みたい
ハイブリッド指数で馬券は儲かるのかデータ分析してみたハイブリッド競馬新聞の予想に役立つファクターの中で、これまでは推定 3 ハロンが注目を浴びてきました。 メインであるハイブリッド指...

推定 3 ハロンの関連書籍でも複数年の集計結果を載せているように、単年で集計するよりも、ある程度長いスパンで成績を見ておいた方が安定します。

ここでも、2016 年と 2017 年の 2 年間を対象とします。

馬券を購入する人は、年間でプラス収支を期待するでしょうし、できることなら毎月プラスで終わりたいのが本音です。

欲を言えば毎月プラスで、さらに 3 年連続で回収率が 100% を超えているような理論があれば飛びつきたいくらいですよね。

さすがにそれは難しいので、年間プラス、しかも数年連続でプラスのようなパターンを探っていきたいと思います。

ハイブリッド指数1位の馬の競馬場別成績

では早速、競馬場別の成績から紹介します。

「中山」の成績が飛びぬけて悪いですが、他の競馬場では安定感があります。

平場のレースと特別レースに絞って調べると違った傾向があるかもしれませんが、全体的には西高東低ようです。

項目 勝率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
札幌 26.1% 58.5% 99% 90%
函館 29.9% 55.9% 87% 79%
福島 24.4% 51.8% 92% 84%
新潟 25.2% 57.1% 83% 92%
東京 28.1% 58.0% 96% 90%
中山 23.6% 52.9% 69% 79%
中京 25.6% 55.6% 82% 83%
京都 28.0% 58.5% 83% 83%
阪神 29.7% 59.7% 86% 82%
小倉 26.9% 55.4% 95% 88%
東開催 25.6% 55.3% 84% 86%
西開催 27.9% 57.9% 86% 84%
中央開催 27.4% 57.3% 84% 84%
ローカル 26.1% 55.6% 89% 86%
表開催 26.8% 57.1% 83% 84%
裏開催 27.1% 55.3% 94% 86%
東遠征 26.9% 56.3% 95% 90%
西遠征 23.1% 47.0% 82% 74%
右回り 27.0% 56.4% 84% 83%
左回り 26.9% 57.4% 90% 89%

芝とダートの競馬場別成績

次は芝とダートに分けて検証してみます。

まずは芝からです。

やはり、小回りコースは紛れが多いようですね。

広いコースの方が回収率的には良い成績が残せているようです。

項目 勝率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
札幌 25.6% 54.2% 78% 84%
函館 28.6% 51.8% 83% 76%
福島 20.7% 49.6% 72% 80%
新潟 24.1% 53.8% 85% 89%
東京 28.0% 54.6% 93% 84%
中山 21.6% 51.2% 73% 79%
中京 22.1% 50.6% 74% 77%
京都 27.6% 58.6% 82% 84%
阪神 31.3% 59.8% 91% 83%
小倉 26.8% 54.0% 96% 88%
東開催 24.2% 52.6% 82% 83%
西開催 27.6% 56.6% 86% 83%
中央開催 27.2% 56.1% 85% 83%
ローカル 24.4% 52.4% 82% 83%
表開催 26.5% 56.2% 82% 84%
裏開催 24.5% 49.7% 88% 80%
東遠征 24.5% 52.3% 92% 85%
西遠征 24.4% 45.7% 103% 75%
右回り 26.3% 55.0% 83% 82%
左回り 25.8% 53.6% 87% 84%

ダートの成績です。

「中山」の成績が悪いですが、他は安定感があります。

他には、「ローカル開催」「関西馬の関東遠征」「左回り」で成績が良いところでしょうか。

項目 勝率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
札幌 26.9% 64.7% 130% 100%
函館 31.7% 61.7% 92% 83%
福島 29.2% 54.7% 117% 88%
新潟 26.7% 61.2% 81% 95%
東京 28.3% 61.3% 98% 95%
中山 25.2% 54.3% 66% 79%
中京 28.7% 59.9% 90% 89%
京都 28.3% 58.3% 84% 83%
阪神 28.4% 59.7% 82% 82%
小倉 27.1% 57.8% 94% 88%
東開催 27.0% 58.0% 86% 88%
西開催 28.3% 59.0% 85% 84%
中央開催 27.5% 58.4% 83% 85%
ローカル 28.2% 59.7% 97% 90%
表開催 27.1% 58.0% 84% 85%
裏開催 30.0% 61.6% 101% 92%
東遠征 29.9% 61.5% 100% 96%
西遠征 21.5% 48.6% 57% 73%
右回り 27.7% 57.8% 86% 83%
左回り 28.0% 60.9% 92% 93%

まとめ

ハイブリッド指数 1 位の馬の競馬場別成績についてまとめてみました。

以下のような傾向がみられる場合は、該当レースでハイブリッド指数 1 位の馬をどのくらい信頼するかわかりやすいと思います。

  • 的中率に差はないけど回収率が良い競馬場
  • 的中率も回収率も良い競馬場
  • 的中率も回収率も悪い競馬場

ハイブリッド指数 1 位の馬を軸にする、相手候補に入れる、人気でも思い切って馬券対象から外してしまうなど、いろいろと検討の余地はありそうです。

このあたりの要素を考慮すれば、ハイブリッド指数 1 位の馬の単複だけでも回収率アップが期待できそうです。

次回はコース別の成績を集計してみたいと思います。

オススメ馬券参考書

土日の競馬のある日だけ、レース前の出走馬とオッズをチェックし算出された馬券を購入する競馬投資法。ローリスクローリターンながら 1 年以上毎月の回収率が 100% を超えます。
極選競馬投資法

馬券の資金配分がメチャクチャだったり、ついつい無駄馬券を買ってしまう人への意識改革。最終レースで取り返そうなんて言語道断。このバイブルを読むだけで PAT 資金の状況が一変します。
投資競馬運用バイブル
PAT口座が毎月増える理論

レジまぐで配信されているメルマガの中に、馬券本や有名競馬予想家よりも優秀な成績を収めているサービスがいくつもあります。
回収率100%を超えるメルマガ

あなたにオススメ