馬とテニスのIT革命
馬とテニスとリラックマが好きな IT 系のエンジニアです。
Java

TomcatとApacheの連携(Windows編)

前回、「Tomcatのインストール(Windows編)」では、Windows 上で Tomcat を単独で動かす方法をまとめました。

あわせて読みたい
Tomcatのインストール(Windows編)Tomcat は Eclipse の Tomcat プラグインでしか動かしたことがなかったので単体で動かしてみます。 まず、下記の...

今回は Apache と連携させて、80 番ポートで Tomcat にアクセスします。

Apache との連携には mod_jk というモジュールを使用します。

mod_jk よりも mod_jk2 の方が新しそうなのですが、現在は開発が進んでないそうなのでここでは mod_jk を使います。

なお、Apache2.2 からは mod_proxy_ajp を使用して Tomcat にアクセスすることが可能となっていて少し楽です。

mod_jkのダウンロード

まず、mod_jk のアーカイブをダウンロードしておきます。

mod_jkをApache のモジュールに追加する

C:\Program Files\Apache Group\Apache2\modules\mod_jk-apache-2.0.29.so

# ファイル名を変更する
[変更前] mod_jk-apache-2.0.29.so
[変更後] mod_jk.so

# httpd.confの一番下に設定ファイルの読み込みを追加
vi httpd.conf

Include "C:/tomcat/conf/mod_jk.conf"

# ディレクトリを作成する
mkdir C:\tomcat\conf\auto
mkdir C:\tomcat\conf\jk

# server.xmlの設定
143行目に Listener を追加する
<Engine name="Catalina" defaultHost="localhost">

  <Listener className="org.apache.jk.config.ApacheConfig"
    modJk="C:/Program Files/Apache Group/Apache2/modules/mod_jk.so" />

Tomcatを起動する

C:\tomcat\conf\auto に mod_jk.conf が作成される

# Tomcatを停止し、mod_jk.confを移動する
C:\tomcat\conf\auto\mod_jk.conf を C:\tomcat\conf に移動する

# mod_jk.confの設定
32, 33 行目にデフォルトサーブレットと JSP の設定を追加する
<VirtualHost>

  (省略)

  JkMount /*/servlet/ ajp13
  JkMount /*.jsp ajp13
</VirtualHost>
# workers.propertiesの設定(ポートとかさらに詳細に設定するのがいい)
C:\tomcat\conf\jk\workers.properties を作成する

# worker.listの設定
worker.list=ajp13

# Apacheとの連携確認
Apache のサービスを停止して、Tomcat, Apache の順に起動する

http://localhost/index.jsp にアクセスして Tomcat のページが見れれば成功です。

Web API The Good Parts

オライリーの「Web API」に特化した本です。最近の多くの Web サービスは API が活用されていますが、その技術はこれまでの Web サイトとそれほど大きく変わりません。

今後、マイクロサービス化が進む中で知っておいて損はない内容が詰め込まれており、現場のエンジニアやこれから Web 系のエンジニアを目指す人にもオススメの一冊です。

created by Rinker
¥2,376
(2018/10/15 13:40:38時点 Amazon調べ-詳細)

あなたにオススメ