クマの手も借りたい
馬とテニスとリラックマが好きな IT 系のエンジニアです。
Mac

Macでスクリーンショットを撮る方法

Windows なら「PrintScreen」キーを押すと画面全体のスクリーンショットが撮れます。

また起動中のアプリケーションがある場合は、「Alt + PrintScreen」キーで特定のダイアログのみのスクリーンショットが撮れます。

Mac ではどうやるんだろうって調べてみましたので紹介したいと思います。

画面全体のスクリーンショットを撮る

画面全体のスクリーンショットを撮って png 画像としてデスクトップに出力します。

方法は「Shift + Command + 3(数字)」です。

Shift + Command + 3

「Shift」と「Command」キーを押しながら「3」のキーを押すだけです。

画面の一部分のスクリーンショットを撮る

Mac が Windows より便利なのは、標準で自分の好きな場所だけスクリーンショットが撮れることです。

冒頭で紹介した通り、Windows でも特定のアプリのダイアログだけのスクリーンショットは撮ることができます。

しかし、自分の好きな領域だけのスクリーンショットを撮るには別のアプリに頼る必要がありました。

これが Mac ではデフォルトでできるのです。マウスで領域を指定するだけです。

方法は「Shift + Command + 4(数字)」です。

Shift + Command + 4

「Shift」と「Command」キーを押しながら「4」のキーを押すだけです。

これで、指定した領域が png 画像としてデスクトップに出力されます。

Web API The Good Parts

オライリーの「Web API」に特化した本です。最近の多くの Web サービスは API が活用されていますが、その技術はこれまでの Web サイトとそれほど大きく変わりません。

今後、マイクロサービス化が進む中で知っておいて損はない内容が詰め込まれており、現場のエンジニアやこれから Web 系のエンジニアを目指す人にもオススメの一冊です。

created by Rinker
¥2,376
(2018/09/20 11:58:13時点 Amazon調べ-詳細)