馬とテニスのIT革命
馬とテニスとリラックマが好きな IT 系のエンジニアです。
エンジニア

消せない(アンインストールできない)ソフトウエア

知り合いから「ウイルス対策ソフトがインストールできない」と呼ばれて行ってみた。

入れるべきソフトは 1980 円のソースネクスト製品。

インストールできない原因

で、実際にインストールしてみると、同じウイルス対策製品が既にインストールされていので、先にそっちをアンインストールしてくれと言われる。
(どうやらMcafeeのVirusScanが既に入ってるみたい)

そんなことかと思い、早速コントロールパネルのアプリケーションの追加と削除から削除を実行。

あれっ、予想外にも致命的なエラーで強制的にアンインストールが中断されてしまう・・・。

仕方ないから、スタートメニューから消そうかなって思って、「スタート」「プログラム」と順に選択して Mcafee を探すと、あれっ、なっない・・・。

ProgramFiles にもフォルダが存在しない・・・。

Mcafeeが存在しない原因

そんなときに知り合いが帰ってきたので、聞いてみる。

どうやら、削除の仕方がわからずに Mcafee のフォルダを消したらしい。

ここで思いついたのが、プリインストールされてきた CD を使って VirusScan を再インストールして、その後アンインストールする方法。

しかし、結果は同じく致命的なエラー発生。

ここまでくると、レジストリ操作かなぁっとかな~り嫌な予感がするのですが、必死に Google に頼ってみる・・・。

エラーの対応策

そんな中、Mcafee の古いサポートページで状況は違うけど、致命的なエラー発生時の対応策が書いてあるところを発見。
(Windows98/Me用のネタでしたが)

どうやら、Microsoft の Windows Install CleanUp というソフトを使うらしい。

聞いたことないなぁ・・・。

とりあえず、98/Me 用でしたが Microsoft のページへアクセスしてみる。

おぉ、WindowsXP 用も提供されてる。

インストーラーは全部英語で怪しい感じなのですが、もうこれに頼ってみるしかない。

WindowsInstallCleanUpのインストール

とりあえず、インストールして起動してみる。(All User)が対象になっているソフトウエアに Mcafee VirusScan を発見したので、それをRemove してみました。
(ツール自体も全部英語でした)

この時点でコントロールパネルからMcafeeが消えました。

レジストリとかはわかりませんが、ちょっと兆しが見えてきた感じがします。

ここで再度 Mcafee を入れ直してアンインストールするか、一気にソースネクスト製品を入れるか悩んだ挙句、ソースネクスト製品を選択。

インストール過程で、Mcafee が既に入っている情報は見つけられずにスムーズに完了。

そして再起動・・・。

あとは、Windows が無事に起動するかが心配だったのですが、何事もなく起動完了。

こうして Windows Install CleanUp という全然知らないプログラムのおかげで解決したのでした。

もしかして巷では有名なツールなのかなぁ。

Web API The Good Parts

オライリーの「Web API」に特化した本です。最近の多くの Web サービスは API が活用されていますが、その技術はこれまでの Web サイトとそれほど大きく変わりません。

今後、マイクロサービス化が進む中で知っておいて損はない内容が詰め込まれており、現場のエンジニアやこれから Web 系のエンジニアを目指す人にもオススメの一冊です。

created by Rinker
¥2,376
(2018/10/15 13:40:38時点 Amazon調べ-詳細)

あなたにオススメ