クマの手も借りたい
馬とテニスとリラックマが好きな IT 系のエンジニアです。
Mac

MacのターミナルでCPUのコア数を確認する方法

何気に Mac のターミナルで uptime コマンドを実行したら 1 分平均のロードアベレージが 3 を超えている・・・。

確かに、IDE やら Docker やら開発環境系は色々と動かしているけど、15 分平均を見ても 2 は超えている模様。

メモリ 16GB 積んでるし動作は快適だったつもりなんだけどな。

ってことで、CPU のコア数を確認しようと思ったのですが Mac だとわからない・・・。

環境設定の GUI の画面を開いた方が確実なのだろうか。

今回は、Mac のターミナルで CPU のコア数を確認する方法を紹介します。

/proc/cpuinfoは存在しない

とりあえず、Linux 系の経験者なら迷わず /proc の下を確認しますよね。

$ cat /proc/cpuinfo

FreeBSD 系の Mac には残念ながら存在しません。

いや、きっとコマンドラインからも確認できるハズ・・・。

system_profiler

そう、Linux の /proc 配下で扱っている情報に近いのが Mac の場合は system_profiler コマンド。

system_profiler に続けて SPSoftwareDataType や SPNetworkDataType の DataType を指定すると各種情報が標準出力されます。

今回の目的であるハードウェアスペックを調べるには、DataType に SPHardwareDataType を指定します。

$ system_profiler SPHardwareDataType 

CPU のスペック(モデル、周波数)なら「Processor Name」や「Processor Speed」で確認できます。

CPU の数は「Number of Processors」、CPU 1 つのコア数は「Total Number of Cores」に表示されます。

Model Name: MacBook Pro
Model Identifier: MacBookPro14,1
Processor Name: Intel Core i5
Processor Speed: 2.3 GHz
Number of Processors: 1
Total Number of Cores: 2
Memory: 16 GB

CPU の数にコア数を掛けた数が実際のコア数になるので、こことロードアベレージを比較して判断したいところですね。

ちなみに PC のシリアル番号も確認できるので、わからなくなった場合はこのコマンドで一発です。

Serial Number (system): xxxxxxxxxxxx

Web API The Good Parts

オライリーの「Web API」に特化した本です。最近の多くの Web サービスは API が活用されていますが、その技術はこれまでの Web サイトとそれほど大きく変わりません。

今後、マイクロサービス化が進む中で知っておいて損はない内容が詰め込まれており、現場のエンジニアやこれから Web 系のエンジニアを目指す人にもオススメの一冊です。

created by Rinker
¥2,376
(2018/09/20 11:58:13時点 Amazon調べ-詳細)