馬とテニスのIT革命
馬とテニスとリラックマが好きな IT 系のエンジニアです。
エンジニア

OutlookExpressの2GB問題でdbxが破損

先日、会社の人にメールの送受信ができなくなったので呼ばれました。

状況を見る限り、認証に失敗しているわけでもなく、メールサーバも問題がない感じ。

OutlookExpress のエラーメッセージは「不明なエラー」となっているので状況がわかりにくいです。

受信トレイの状態

しかも受信トレイにはメールが 1 通もない状態。

いろいろ調べてみると、受信トレイと送信済トレイの dbx ファイルが 2GB くらいになっています。

もしやと思って調べてみると、やはり 2GB の壁が存在しました・・・。

過去メールの復活

Outlook フォルダごと dbx ファイルをバックアップして、送信済トレイ.dbx は不要なので削除して最適化をしたところ、メールの送受信は可能になりました。

しかし受信トレイ上のメールは復活しないまま、新しく受信したメールのみ追加されていきます。

仕方ないので、個別に 受信トレイ.dbx を OutlookExpress からインポートすることに。

しかし、インポートのウィザード途中で dbx ファイルをメール関連のファイルと判断してくれず、インポート対象のトレイ選択まで辿り着けません。

さらに、別の PC を使って、dbx ファイルが格納されているフォルダに「受信トレイ.dbx 」を移行しても認識せず。ファイル名を変更して別フォルダとして試しても同じ結果です。やはり dbx ファイルが壊れているのでしょうか。

ツールで対応

よって、以下のツールを使って復旧を試みました。

しかし、Mail Export Tool では OutlookExpress のインポート時と同じく、dbx ファイルを認識してくれませんでした。

ちょっとショックを受けましたが、DbxRescue では読み込みに成功。

時間は結構掛かりました(3時間以上)が、見事 eml ファイルが生成されました。

あとは、eml ファイルを OutlookExpress にドラッグアンドドロップするだけです。

いつも Windows をクリアインストールする時に dbx ファイルなどをバックアップしていましたが、dbx ファイルが壊れている場面に遭遇するのは初めてでした。

他にも方法はあったかもしれませんが、他人の PC トラブルの対応をするのは神経を使いますね。自分だと気軽に何でもできるのですが。

Web API The Good Parts

オライリーの「Web API」に特化した本です。最近の多くの Web サービスは API が活用されていますが、その技術はこれまでの Web サイトとそれほど大きく変わりません。

今後、マイクロサービス化が進む中で知っておいて損はない内容が詰め込まれており、現場のエンジニアやこれから Web 系のエンジニアを目指す人にもオススメの一冊です。

created by Rinker
¥2,376
(2018/10/15 13:40:38時点 Amazon調べ-詳細)

あなたにオススメ