クマの手も借りたい
馬とテニスとリラックマが好きな IT 系のエンジニアです。
PHP

Smartyで配列の要素数をテンプレート内で参照して利用する

Smarty 上で配列や連想配列の中身をループさせて使う機会は多いのですが、いざループを通さずに制御したい場合にどうしようかと考えました。

PHP のスクリプト内では count() 関数を利用することが多いと思うのですが、Smarty の標準関数にないかと調べたところ、@count で配列の要素数を算出することが可能のようです。

// 要素数の表示
{assign var="num" value=$arrList@count}
{$num}

// 分岐で使用する場合
{if $arrList@count > 0}

{/if}

ビュー側を表示する前にスクリプトで制御しておけばいいのですが、Smarty は想像以上に小回りがききます。

最近はフレームワークも多くて Smarty が使われる機会も減っているのでしょうか?

Laravel だと blade が標準ですしね。

Web API The Good Parts

オライリーの「Web API」に特化した本です。最近の多くの Web サービスは API が活用されていますが、その技術はこれまでの Web サイトとそれほど大きく変わりません。

今後、マイクロサービス化が進む中で知っておいて損はない内容が詰め込まれており、現場のエンジニアやこれから Web 系のエンジニアを目指す人にもオススメの一冊です。

created by Rinker
¥2,376
(2018/09/21 11:58:20時点 Amazon調べ-詳細)

あなたにオススメ