馬とテニスのIT革命
馬とテニスとリラックマが好きな IT 系のエンジニアです。
Linux

UbuntuでデバイスのUUIDを確認する

Ubuntu では、各デバイスのマウント情報が UUID をベースに定義されています。

/etc/fstab を見るとわかりますが、以前のように /dev/sda1 や /dev/sdb1 のようなデバイス名ではなく、UUID がキーとなっています。

これは、USB などの外部ストレージが手軽にたくさん使えるようになったことと、USB 機器を PC に差すタイミングによって、以前は /dev/sda にあったデバイスが /dev/sdb に変更になってしまうなどのトラブルを防ぐために利用されています。

よって、新しく USB メモリを追加したり、PC 本体の STAT 接続の HDD を変更したりすると UUID も変更になるため、マウント後に fstab の情報を変更してあげる必要があります。

UUID の調べ方は下記のコマンドで確認できます。

$ blkid

/dev/sdb1: UUID="XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX" TYPE="ext4"
/dev/sdb2: UUID="XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX" TYPE="swap"
/dev/sda1: UUID="XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX" TYPE="ext4"
/dev/sda2: UUID="XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX" TYPE="ext4"
/dev/sda3: UUID="XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX" TYPE="ext4"

単体でパーティションを指定することもできます。また、UUID だけを抜き出したい場合は下記のようにします。

$ blkid /dev/sda1 | cut -d '"' -f 2

XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX
Web API The Good Parts

オライリーの「Web API」に特化した本です。最近の多くの Web サービスは API が活用されていますが、その技術はこれまでの Web サイトとそれほど大きく変わりません。

今後、マイクロサービス化が進む中で知っておいて損はない内容が詰め込まれており、現場のエンジニアやこれから Web 系のエンジニアを目指す人にもオススメの一冊です。

created by Rinker
¥2,376
(2018/10/19 13:59:11時点 Amazon調べ-詳細)

あなたにオススメ