馬とテニスのIT革命
馬とテニスとリラックマが好きな IT 系のエンジニアです。
エンジニア

TomcatをWindowsのサービスに登録する

「TomcatとApacheの連携(Windows編)」では、Apache と連携して Tomcat を動かす方法をまとめました。

今回は Apache と同じく、Tomcat を Windows のサービスに登録して、自動起動させてみます。
(Tomcat を exe ファイルからインストールした場合は、最初からサービス登録されます)

Tomcatのダウンロードとインストール

Tomcat を zip ふぁいるでダウンロードして C:\tomcat に解凍したとして話を進めます。

Dos プロンプトなどのターミナルソフトで、Tomcat の bin(C:\tomcat\bin)ディレクトリに移動します。

そこで、service.bat を実行します。

C:\tomcat\bin> service.bat install

Installing the service 'Tomcat5' ...
Using CATALINA_HOME:    C:\tomcat
Using CATALINA_BASE:    C:\tomcat
Using JAVA_HOME:        C:\Program Files\Java\jdk1.5.0_13
Using JVM:              C:\Program Files\Java\jdk1.5.0_13\jre\bin\server\jvm.dll

The service 'Tomcat5' has been installed.

問題がなければこれでサービス登録されます。

コントロールパネルの「管理ツール – サービス」で、Apache Tomcat のサービスが確認できれば OK です。

Tomcatのサービス起動

次に、サービスを起動します。

サービス一覧画面からも起動できますが、今回はこのままコマンドラインで実行します。

C:\tomcat\bin>net start Tomcat5

Apache Tomcat サービスを開始します..
Apache Tomcat サービスは正常に開始されました。

これでサービスが起動します。

あとは、実際に Tomcat 上で動いているサービスにアクセスできたら完了です。

最後に、サービスを自動起動するようにしておけば、今後も楽になると思います。

Web API The Good Parts

オライリーの「Web API」に特化した本です。最近の多くの Web サービスは API が活用されていますが、その技術はこれまでの Web サイトとそれほど大きく変わりません。

今後、マイクロサービス化が進む中で知っておいて損はない内容が詰め込まれており、現場のエンジニアやこれから Web 系のエンジニアを目指す人にもオススメの一冊です。

created by Rinker
¥2,376
(2018/10/15 13:40:38時点 Amazon調べ-詳細)

あなたにオススメ