クマの手も借りたい
馬とテニスとリラックマが好きな IT 系のエンジニアです。
エンジニア

LINE NotifyでグループLINEに定期通知を送信

運動不足解消のために、とあるスポーツクラブのレッスンを受けに行っていますが、空き状況の確認が面倒なので、それを自動で通知するようにしています。

ただ、これまでは空き状況結果をメールで通知していたので、LINE へ通知したいなっと考えていました。

今回はそんな自動通知の仕組みを作ってみましたので紹介します。

LINEが仕組みを発表

コマンドラインから LINE へ通知ができるインタフェースが用意されました。

なんともタイムリーなサービス開始です。

ただ、自分へではなく、グループ LINE への通知であることと、通知用の Notify アカウントをグループへ招待しないといけません。

サークルなど複数人のグループだと都合良さそうですね。

コマンドラインからの実行

コマンドラインからの通知は下記の LINE エンジニアブログ(LINE Engineers’ Blog)を見てもらった方がいいですが、リクエストヘッダにアクセストークンを埋め込んで、通知用のエンドポイントに内容を送信するだけです。

#!/bin/sh

# アクセストークン
LINE_TOKEN="xxxxxx"

LINE_BODY="17時のレッスンが空きました"

/usr/bin/curl -X POST -H "Authorization: Bearer ${LINE_TOKEN}" -F "message=${LINE_BODY}" https://notify-api.line.me/api/notify
Web API The Good Parts

オライリーの「Web API」に特化した本です。最近の多くの Web サービスは API が活用されていますが、その技術はこれまでの Web サイトとそれほど大きく変わりません。

今後、マイクロサービス化が進む中で知っておいて損はない内容が詰め込まれており、現場のエンジニアやこれから Web 系のエンジニアを目指す人にもオススメの一冊です。

created by Rinker
¥2,376
(2018/09/21 11:58:20時点 Amazon調べ-詳細)

あなたにオススメ