クマの手も借りたい
馬とテニスとリラックマが好きな IT 系のエンジニアです。
AWS

jpeg画像のExif情報を削除するjheadをAmazonLinuxにインストール

画像アップロード時に jpeg ファイルだったら Exif 情報(撮影時の位置情報など)を削除するというのは一般的になりましたが、サーバ上にアップされた後のファイルから一括で削除したい場合はコマンドラインが楽です。

今回はコマンドラインで画像の Exif やサイズ圧縮してくれるコマンドを紹介します。

利用するコマンド

有名なものに「jhead」がありますが、Amazon Linux には yum でインストールできそうなパッケージが見付からなかったのでソースからインストールします。

$ cd /usr/local/src

$ wget http://www.sentex.net/~mwandel/jhead/jhead-3.00.tar.gz

$ tar zxvf jhead-3.00.tar.gz 

$ cd jhead-3.00

$ make

$ make install

$ which jhead

/usr/local/bin/jhead

jheadコマンドの使い方

使い方は -h でヘルプを見てもらった方が早いですが、画像のヘッダ情報を参照するのは jhead コマンドで jpg ファイルを参照するだけです。また、-v オプションを付けるとさらに詳細な情報が確認できます。

$ jhead hogehoge.jpg

$ jhead -v hogehoge.jpg

この Exif 情報を削除するには jhead の -purejpg オプションを使って実行するだけです。

$ jhead -purejpg hogehoge.jpg

find コマンドなどと組み合わせれば、一括でサクっと削除できちゃいます。カレントディレクトリ以下ならこんな感じ。

$ find . -name '*.jpg' -print | xargs jhead -purejpg
Web API The Good Parts

オライリーの「Web API」に特化した本です。最近の多くの Web サービスは API が活用されていますが、その技術はこれまでの Web サイトとそれほど大きく変わりません。

今後、マイクロサービス化が進む中で知っておいて損はない内容が詰め込まれており、現場のエンジニアやこれから Web 系のエンジニアを目指す人にもオススメの一冊です。

created by Rinker
¥2,376
(2018/09/20 11:58:13時点 Amazon調べ-詳細)

あなたにオススメ