クマの手も借りたい
馬とテニスとリラックマが好きな IT 系のエンジニアです。
PHP

PHPで半角スペースのみで構成された文字列を判定する正規表現

半角スペースのみで構成された文字列をチェックする PHP のソースコードをたまたまレビューする機会があり、何気なくその時は通してしまったのですが、後で空文字も判定に引っ掛かってしまうことが判明して大きく反省している、そんな平穏な日です。

そもそも、その時に書かれていた正規表現が私のイメージとは異なるものだったのですが、その正規表現をローカルで実行してみたら目的は果たしていたので大丈夫だと GO を出してしまいました。

その時の正規表現がうろ覚えで思い出せないのですが、確かこんな感じだった記憶があります。

if (preg_match('/^ *$/', $word)) {
    echo '半角スペースのみ';
}

半角スペースのみを判定する正規表現

私のイメージとしては、以下のような正規表現になります。

試しに、いくつか文字列を用意してチェックしてみます。

$word_list = ['', ' ', '  ', '   ', ' a', 'a ', ' a ', 'a a'];

foreach ($word_list as $word) {
    if (preg_match('/^[\s]+$/', $word)) {
        echo sprintf('only space [%s]', $word) . PHP_EOL;
    } else {
        echo sprintf('not only space [%s]', $word) . PHP_EOL;
    }
}

正規表現の実行結果

実行結果は以下の通り。うまくいってる気がしますが、穴があったりして・・・。

not only space []
only space [ ]
only space [  ]
only space [   ]
not only space [ a]
not only space [a ]
not only space [ a ]
not only space [a a]

そもそも、半角スペースのみを判定する機会って私の経験ではあまりなく、半角スペースが混在しているとか、trim() で余分な半角スペースを除去するとか、いっそのこと str_replace() でスペースを除去しちゃうとか、状況によって求められるチェックケースも多種多様です。

シンプルな正規表現は自分の備忘録としても、どこかにまとめておけるといいかもしれませんね。

Web API The Good Parts

オライリーの「Web API」に特化した本です。最近の多くの Web サービスは API が活用されていますが、その技術はこれまでの Web サイトとそれほど大きく変わりません。

今後、マイクロサービス化が進む中で知っておいて損はない内容が詰め込まれており、現場のエンジニアやこれから Web 系のエンジニアを目指す人にもオススメの一冊です。

created by Rinker
¥2,376
(2018/09/21 11:58:20時点 Amazon調べ-詳細)

あなたにオススメ